スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くわがた幼虫の頭幅

前回の頭幅比較は、オオクワ幼虫のみで比較してみましたが、今度は去年から今年にかけて材割で採集した幼虫(ヒラタ、ノコ、コクワ)も追加してみました。
【頭幅と体重】
クワガタ幼虫頭幅&体重
【頭幅と大きさ】
クワガタ幼虫頭幅&大きさ
【体重と大きさ】
クワガタ幼虫体重&大きさ
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

オオクワ幼虫の頭幅、体重、大きさ Part1

今期のオオクワブリードで4産地を試みました。
川西、豊能、香川、山形です。
其々800cc菌糸ビンにすでに投入していますが、割り出しから初令、2令、一部3令と幼虫の頭幅、体重、大きさを測ってきました。
最終的には3令後期まで行うつもりなのでデータは途中になりますが、公開したいと思います。
まずオオクワ幼虫の世間での頭幅について、初令で2~3mm、2令で3~6mm、3令で8~13mm程度と言われていると思います。
しかし今回計測した結果は、初令で3mmオーバー、2令で6mmオーバーが存在しました。
特に豊能町産、川西産にその傾向がありました。
ただ素人計測なので、あくまで参考程度と考えて下さい。
グラフにあります「大きさ」とは、幼虫が丸くなった状態で、製図用テンプレートの円に収まる数字を表現しています。
オオクワ頭幅&体重

オオクワ頭幅&大きさ

オオクワ体重&大きさ

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

産地別オオクワガタ(オス編)

岡山県産のオオクワガタが羽化したので、累代飼育する個体が一通り揃いました。
そこで、我が家のオオクワガタのオス達の形状比較画像を残す事にしました。
比較と言っても、見た目の形状の素人コメントしか出来ませんが、ご容赦下さい。

やはり東の個体は細身なのが一目瞭然かと思います。
また、大アゴの形状も、東の個体(山形産)は西の個体と比較して、直線的かつアゴ先端の角度も浅い(アゴが前に伸びている)と思います。
こうなると、山梨産あたりを飼いたくなってしまいます。
画像では判り難いですが、頭幅が一番あるものは、やはり香川産です。
逆三角形の容姿から、少し勇ましく思えます。
岡山県産は、大アゴが丸みを帯び、かつ横幅もあるので、体形はズングリした印象です。
個人的に、かなり気にっています。
阿古谷産は、美形ではないですが、全体のバランスが凄く良い様に見えます。
譲って頂いた方も、兄弟はかなりバランスがとれた個体ばかりだと言っていました。
この阿古谷産も、かなりのお気に入りになりそうです。
豊能町吉川産は、実物で見ると一番格好いいクワガタです。
このクワガタは写真写りが悪いです。
大アゴの太さと曲がり具合が気にっています。
今回、妙に大きい幼虫が採れた事から、大きさについても期待しています。
川西産は、私の飼育している他産地含めて、一番アゴの湾曲が大きいですね。
山形産と比べたら、一目瞭然かと思います。
各産地とも、それぞれ特徴があり面白いですね。
オオクワ産地別比較2

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

ノコギリクワガタ幼虫の特徴

今回は、ノコギリクワガタの幼虫の特徴です。
まず黄色部分の頭の形状ですが、正円に近いです。
角が無いといった方が、近いかな。
下にの画像では、フラッシュの関係で判り難いですが、頭の色はオレンジ色で、ヒラタの場合はオレンジに黄土色を混ぜた様な色ですが、ノコギリはオレンジ色が強いかと思います。
紫色の顎の太さですが、コクワやヒラタに比べて太いと思いますが、私の場合は、先にミヤマの顎を見てしまった為に、あまり強調して言う事が出来ません(要は、顎のインパクトはミヤマが一番と思います)
ただ、青色の顎先端形状については、ヒラタに比べて湾曲が大きく、ノコギリ歯っぽく(ギザギザした感じ)なっているかと思います。
緑色の部分ですが、他の幼虫と同じに様にいくつかと点は見られますが、私は明確な特徴を確認する事は出来ませんでした。
正面のへこみの部分ですが、コクワやヒラタに比べて、輪郭がはっきりしない様に思われます。
へこみが浅いと言った方が正しいでしょうか。
ノコギリ幼虫特徴正面

灰色の部分も、正面の点と同様です。
ノコギリ特徴斜め説明

ピンク色部分の気門形状ですが、この部分に関しては、コクワやヒラタと形状が異なるかと思います。
ヒラタやコクワが「C」に対して、ノコの場合は「コ」の字に近いです。
ノコギリ特徴横説明

ノコの幼虫に関しては、頭の色と形状、そして顎の先端形状で概ねの判断が出来ると思っていますが、2令以下の小さな幼虫はまだ見た事が無いので、小さい幼虫でも判断できるかとどうかが、今後の検証課題かと思います。
何れにしろ、上述した内容については、色々なサイトを参考にさせて頂き、私なりに解釈したものなので、全てが当てはまる事は無いかと思います。
あくまで参考と言う事でお願いします。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

ミヤマクワガタ幼虫の特徴

前回、ミヤマクワガタの幼虫を採集出来たので、今回はミヤマ幼虫の特徴について書いてみます。
緑色の部分ですが、ミヤマの最大の特徴かと思いますが、4つの点が存在します。
この点は、かなりはっきり見えるので、小さい幼虫でも確認する事が可能かと思います。
青色、紫色の顎の形状ですが、他の幼虫に比べて短く、かなり太いです。
ですので、ミヤマの幼虫は、正面から見ると、かなり顎が強調されますので、4つの点と共に一番判断が簡単かと思います。
黄色部分の頭の形状ですが、ここも他の幼虫に比べて角ばっているかと思います。
ミヤマ幼虫特徴正面
黒色の部分にあるヘコミについては、他の幼虫にも存在しますが、ミヤマのヘコミは縁がはっきりしなく、範囲が広いかと思います。
ミヤマ幼虫特徴斜め
灰色の部分は、点は存在するのですが、私には判断が出来ませんでした。
ミヤマ幼虫特徴斜め2
頭の模様の、ピンク色で表示している幅ですが、他の幼虫に比べて幅広かと思います。
ミヤマ幼虫特徴正面2
あとは、ミヤマの幼虫は、全体的に毛深いですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

自己紹介

くりすけ

Author:くりすけ
40歳過ぎで、クワカブ採集に目覚めてしまいました。
クワガタ採集の為に山歩きをした事で、かなりダイエット出来ました。
採集は地元がメインです。

訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
最新記事
ジオターゲティング

にほんブログ村
人気ブログランキング
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報
リンク
くりすけにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

mosのひとりごと

クワガタを育てよう!

富山のクワガタ~国産クワガタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。